fbpx
MENU

体験
トレーニングand more

お知らせ

生理痛を悪化させる/改善する“油”のこと

こんにちは、style it.トレーナーの奥原です。
当ジムは女性専用のジムです。
ご利用頂く皆様のなかで、生理痛にお悩みの方はとても多くおられます。
今回は生理痛のメカニズムと、その原因となってしまう/改善する食べ物を“油”にフォーカスして纏めていきます。

生理痛が起こるメカニズム
生理痛は、子宮内膜をはがして血を押し出すために子宮が収縮することで起きるとされています。
その子宮の収縮は“プロスタグランジン”という物質によるものです。
この“プロスタグランジン”は【痛みの物質】でもあるため、多く分泌されるほど、痛みが増していきます。
他に、“栄養不足”・“冷え”・“便秘”によって血が出にくい状態になることでも引き起こされます。

痛みの物質 プロスタグランジンの材料は【オメガ6系脂肪酸
生理痛を起こす理由はいくつもある中で、今回はプロスタグランジンについて纏めます。
プロスタグランジンは脂質、つまり油で出来ています。
そしてその油の種類はズバリ【オメガ6系】。
代表的なものはサラダ油や、ごま油、乳製品、肉の脂です。
様々な研究において、揚げ物やアイスクリーム、脂っぽい肉料理を多く食べる人は生理痛の痛みが強い、という結果が発表されています。

生理痛を軽くする効果が期待できるのは【オメガ3系脂肪酸】
【オメガ3系】の油は、生理痛の改善に効果があるとされています。
代表的なものは、エゴマ油・亜麻仁油・魚類(特に青魚)・くるみです。
特に、魚に含まれるDHAは体内の炎症を抑え、EPAは血をサラサラにし、痛みを抑えます。
EPAについては生理痛改善だけでなく、うつの発症も抑える効果があったり、医薬品として動脈硬化などの生活習慣病に処方もされています。

【オメガ3】は過熱せず、魚から積極的に摂るのが◎
オメガ3といえば、エゴマ油や亜麻仁油をイメージする方も多いと思います。
手軽に毎日とれて便利で素晴らしいです。
ただ、これらに含まれているのはα-リノレン酸で、体内でDHAやEPAに変換されるのですが、残念ながらその率はわずかだと言われています。
なので、基本的には魚類から積極的に摂取して、フォローでエゴマ油や亜麻仁油を使うのが◎。

そして、オメガ3を摂るうえでの最大の注意点は【加熱に弱い】ことです。
揚げると50%、焼くと15%ほどが消失するのだそう。
なので、刺身など加熱せず摂れたらベストですが、そこまでこだわりすぎず、私は缶詰なども利用して、とにかく魚を食べる頻度をあげるように気を付けています。

【オメガ6系】も【オメガ3系】も、どちらも必須脂肪酸
とはいえ、オメガ6系脂肪酸は悪者ではありません。
体内でつくることができない、必須脂肪酸です。
理想のバランスは、オメガ6系:オメガ3系=4:1なのに対し、今の日本人は40:1程度まで歪んでいるという指摘もあります。
オメガ6系は、意識しなくても摂れてしまう分、摂りすぎに注意。
オメガ3系は、意識しないと取れないので、積極的にコツコツ摂取していくのがいいですね!

生理痛は女性にとってとても身近な体調不調のひとつです。
もともとの体質的なものももちろんありながらも、食習慣や生活習慣で改善が図れることも少なくありません。
まずは油から、見直してみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

体験トレーニング

※表示価格は税込です

Personal trainingパーソナルトレーニング

身体を整えスタイルアップするパーソナルトレーニング

カウンセリング&体験 60分
4,400円
Semi Personal Yogaセミパーソナルヨガ

身体が硬くてもできるセミパーソナルヨガ

体験 60分
2,200円
体験を申し込む