fbpx
MENU

体験
トレーニングand more

お知らせ

運動しても効果を感じないのはなぜ?

こんにちは、style it.トレーナーの奥原です。

ダイエットや健康のため、将来歩けなくなったりしないためにも、運動はとても重要だということは誰もがわかっていること。
この健康思考が高い時代において、あらゆる情報が手に入り、いろんな運動の取り入れ方があります。
人によって運動の目的も、運動の仕方もそれぞれ。
そして、その効果もまた、人それぞれです。

意味のない運動はない、でも、成果の出ない運動はある

運動しているのに思ったように効果が出ない。
そんなお悩みはとても多く聞きます。
「毎日歩いてるのに…」
「おうちで動画見ながら結構キツい運動してるのに…」
「週3回スポーツジムに行ってるのに…」
「毎週ヨガしてるのに…」
思ったように痩せない、最初痩せたけど一ヶ月くらいしたらもう変わらない、体力が上がってる体感がない、健康診断の数字が改善しない…という経験がある人は少なくないのではないでしょうか。
結果、「運動しても痩せないんだよね」「私は運動しても変わらなかったから食事かな」と言われてしまうことが、個人的に残念でなりません泣

運動の成果が出ない理由

この理由として、大きく2つ挙げられます。
①目的に対して運動の強度が足りない
②十分な運動をしたつもりで、余計に食べている。またはダラダラしている。
(ダイエットが上手くいかない場合、これに加えて「食べた分運動して消費する!」というそもそも間違った動機付をしてしまっていることも多いです)
この①について、目的に対する運動の選び方のポイントをまとめたいと思います。

運動の目的を達成するには、運動の種類が大事
まず大前提に、まるで意味のない運動はないので、なんであれ運動はしないよりもしたほうがいいです。
その上で、“何か目的があるのなら、その効果を感じられる運動をした方がいい”と思うのです。
運動の目的が【ストレス解消】や【新陳代謝の促進】の場合…
・毎日1駅歩く、お散歩くらいの強度で8,000歩歩く
・動画を見ながら気が向いた日に運動する
・ヨガをする(一般的な強度のヨガ)
など、こういった運動でも十分な効果を得られます。

運動の目的が【ダイエット】や【ボディメイク】、【健康診断の数値改善】や【ロコモ対策】の場合…
“筋肉のつく運動”でなければ、十分な効果は得られません。

筋肉が少なければ基礎代謝も低く体脂肪は消費しにくいので、痩せにくく太りやすい状態になります。筋肉が少なければ、有酸素運動をしても消費されるカロリーが低く運動効果が出にくいのです。
健康面でも筋肉が少ないと体温が低かったり巡りが悪かったりで、冷えや浮腫、肩こりの原因にもなりますし、健康診断の数値もなかなか改善しないでしょう。

そして上にあげたようなゆるっとした強度の運動では、筋肉はほぼつきません。
ついたとしても運動を始めた頃だけです。
それどころか、身体のエネルギーが不足している状態で有酸素運動を長時間行うと、筋肉が分解されて筋肉量が減るのです。そのため、毎日10,000歩歩いてるのに体が変わらない!という事が起きるのです。

筋肉をつけるにはやっぱり筋トレ
筋肉のつく運動の代表は、“適切な負荷の筋トレ”です。
自分の目的と自分の身体に合った、適切な筋力トレーニングを行うことで効率的に、確実に筋肉がついていき、引き締まった身体、健康な身体になっていきます。

人間の筋肉量は30代あたりから年間1%ずつ低下するという研究もあります。
何もしなければ筋肉はただただ減っていくだけなのです。
そして冷え・むくみ・肩こり・倦怠感など、女性の不調の原因の多くは筋肉不足によるものです。

家で行うウエイトを使わない筋トレでも、適切な強度で適切な種目をやっていけば、もちろん筋肉はつきます。
当スタジオでは本格的なウエイトトレーニングを積極的に取り入れています。
運動に慣れていなければいないほど、ウエイトトレーニングの方が効率がいいですし、日常ではあまり味わえない爽快感・達成感が感じられるからです。

日々運動をしてるのになかなか思ったような成果が感じられていないという方は、ぜひ自分に出来るところから、“筋トレ”を取り入れてみること、またはやっている筋トレの仕方を見直してみることをオススメします⭐︎

一覧へ戻る

体験トレーニング

※表示価格は税込です

Personal trainingパーソナルトレーニング

身体を整えスタイルアップするパーソナルトレーニング

カウンセリング&体験 60分
4,400円
Semi Personal Yogaセミパーソナルヨガ

身体が硬くてもできるセミパーソナルヨガ

体験 60分
2,200円
体験を申し込む